2018年7月12日 (木)

バラエティ番組はあまり見ないのだが

20180710tv1TV番組「ありえへん・・・世界の衝撃事件」(TV東京 18:55~20:54)にわが街が登場するという、確かな情報を入手した。
一昨日7月10日夜放送。

新聞のテレビ欄には、2時間の内いつごろ出てくるのかは、さっぱりわからない。
かといって、こんなおちゃらけ番組に2時間付き合うほど辛抱強くない。
考えたあげく、録画して早送りする。

バラエティとか2時間スペシャルとか、うたい文句は派手だが、中身は大した事が無いのが多い。
わが街に”世界の衝撃的事件”があるとも思えない。

20180710tv3埼玉県南部にふじみ野市と富士見市が隣接する。
池袋からふじみ野駅までは、最速でノンストップ19分。
似通った名前の市で、その境界が非常に入り組んでいる。
はたして騒ぎばかりで、取材は通りいっぺん。

我が家から駅方向に1分も歩くと、境界になる。20180710tv2
ちなみに、ふじみ野駅は富士見市にある。
ここにはふじみ野市ふじみ野と、富士見市ふじみ野が隣接する。配達人泣かせだろう。
番組では、全然触れない。

別に実害はないし、日常生活には何の支障もない。
これって、世界の衝撃事件なの?
だから何とか特番だの、バラエティー番組は見ない。

写真はテレビ番組の一場面。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

またもロールスロイス・エンジン

Ana_b787
今朝(7月5日)の朝日新聞に、全日空(ANA)国内線113便が欠航、ボーイング787型機エンジン点検のため、の記事がありました。

B-787が搭載するロールスロイス(RR)トレント1000(各系)エンジンの、中圧コンプレッサ・ブレードが、疲労破壊して飛行中エンジンが爆発する恐れがある事が判明しました。

この4月にEASA(欧州航空局)が発行したAD(耐空性改善命令)を受けて、日本国土交通Rr1000
省航空局は法的権限を持ったTCD(耐空性改善通報・TCD-9080B-2018最新・2018.07.06発効)を発行してきました。
これは指定期日内に、必要点検及び部品交換を実施して、確認整備士名で報告することを命令しています。
守らないと、耐空証明書の効力を止められ、飛べません。
最新のTCDでは、さらに対象範囲が拡大し、飛行機のやりくりがつかなくなりました。

同じB-787でもJALの機体はエンジン(GE・Gnx)が異なり、このTCDの対象になりません。

ANAによると、エンジン1台あたり点検に2日、部品交換には10日ほどかかるそうです。
世界中の機体が対象ですから、交換部品は払底し、この作業の出来る技術者は、超多忙となります。
その必要費用は多額なものとなり、RRの損出は計り知れません。
ANAはRRに対し、損害賠償要求を検討中だそうです。

RRのトレント・エンジンのトラブルはこれが初めてではありません。
2010年には就航したばかりの、カンタス航空A380の第2エンジンがバーストしています。
これに関し、私のブログ「ロスミナの風」に記事をアップロードしてあります。
http://rusmina-2.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-8c08.html

Ana_b787_2
英国航空産業の衰退は見るも無残ですが、RRだけがかろうじて残っておりました。
さてどうなりますか。
RRは世界唯一の3軸ターボファンと言う、高水準の技術を持っているのですが。

B-787ではありませんが、アメリカでB-737の第1エンジンがバーストし、その破片の直撃を受けて、女性乗客が死亡しました。機体は墜落に至らず、なんとか着陸出来た様です。

写真はいずれもネットから借用しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

エッセイ「京都のあやめ」

Photo_2
先月の文章教室例会で発表した作品です。
しっとりしたエッセイの味が出せたでしょうか。
横書きに改めたほかは、原文です。
課題は今月の花「あやめ」
*

   ***** 「京都のあやめ」 *****

 あやめは清楚な中に気品のある花に加えて、立ち姿が美しいことから、生け花の重要な素材だそうだ。
 古来人々に愛され、和歌などにも沢山詠われている。

 関東では千葉県の佐原市が、水郷の街、あやめの里として名高い。
私も昨年今頃訪れたが、風情のある良い街だった。
 関西でも、特に京都ではあやめの花が好まれる。
夏祭りでも、あやめを染め抜いた浴衣をよく見かける。

Photo_6 七月の祇園祭は、夏祭りの代表として有名だが、別名を鱧祭りという。
 はもという魚は関東ではなじみが薄いが、京都人にとっては鱧とあやめが無いと、夏が始まらない。
 あやめが咲き、鱧が出回り始めると京都人は、恋人に会うように目を輝かす。

 京の台所である錦市場の魚屋には、開いて骨切りした鱧が売られている。
 骨切りはプロにしか出来ない技で、てんぷらや椀だねにするが、私は鱧の落しが最高だと思う。

 落しは、一口大に切った鱧に薄く片栗粉をまぶし、熱湯に落としてすぐ引き上げ、氷水で締める。
 冷えたものを薄いだしか梅肉で頂く。
ふわっと開いた純白な鱧は、いかにも京都人好みの繊細で上品な味だ。

 古都京都は何かにつけて演出が巧い。
 夏の京都は猛烈に暑いが、鴨川の河原に張り出した床は夏の風物詩だ。
 私は京都に親しい知人がいて、在阪中よく京都を訪れた。

 京都で生まれ育った彼女も、鱧好きの例外ではない。
 ある七月末の土曜日、「鴨川の床で、はもを賞味しよう」という事になった。

 Photo_9 琴と日本舞踊のお師匠さんである彼女は、いつもはヘルメットとミニスカートで、スクータ―で京の街を駆け回っているのだが、この夜はきりっとした着物姿で現れた。
 藍地にあやめを散らした着物と浅黄の帯で、さすがに決まっている。
白足袋がまぶしい。

 あまりお酒の強くない彼女は、小さなグラスの吟醸酒でポーッとほほを染めている。
 奧の床の間には、あやめが活けられていた。
 彼女は生け花を、身だしなみ程度にやるという。
 おきゃんで方向オンチの彼女が、急に大人っぽく見えた。

 おぼろ月夜の夏の宵、鴨川の夜風に涼み、佳人と共にいただいた「はもの落とし」は、忘れられない「夏の一品」であった。
                              (了)
  課題‐1 あやめ(今月の花)
  960字   2018.06.17

写真は;-
あやめの花・・・あやめ、しょうぶ、カキツバタ、その見分けを私は知らない
京都鴨川の三条大橋
西本願寺近くで見かけた、由緒ありそうな建物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

日記のやうなもの・・・パソコンジャック

日記を敬体で書くことはあり得ませんが、そこは ”やうなもの” ですので、ご容赦を。

その1 パソコンジャック

2018この春小学1年生になった女の子の孫は、絵が得意。
我が家に来ると、ジイジとパソコンでお絵描きするのが大好き。
水彩画のソフトを教えたら、スイスイと覚えてしまう。
子供の吸収力、記憶力は凄いですね。
パソコンを占領された―。

その2 フラリとSLの旅

G58_116月16日(土)久方ぶりに秩父鉄道のSLに乗りに行きました。Sl_c58
我が家から東上線終点の寄居まで1時間。
高崎線熊谷始発ですが、ここから景観が良くなります。
指定席はほぼ満員。
どこにも寄らず、のんびり車窓を楽しみ単純往復。
歩かなくて済みます。

その3 芸術論争?

Photo_2肉筆水彩画をやっている我が女房、依然としてパソコン水彩画をガンとして認めようとしません。
「やり直しが効く? そんなモン絵じゃない」
そりゃぁ肉筆では一発勝負だけどー。

写真は孫の絵、蒸気機関車の一部、女房殿の俳画
この写真がSLのピストン部と判る人は、相当なツウです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

遊び心・・・第101作 石垣鯛

Photo手間のかかった力作です。
斑紋を石垣模様にしたのは、芸術家?のアスビ心です。
江戸っ子は遊びをアスビと言います。
石垣模様を描き始めたら、凝ってしまって・・・。
石鯛の親戚ですが、石鯛は第28作で2012年6月に描きました。
あまり進歩してないなぁ。
池袋のサンシャイン水族館で、実物をじっくり観察しました。
斑紋は個体によってかなり異なります。

Photo_13写真は;-
これぞ珍品! 石鯛と石垣鯛の自然交配・ネットより借用
実物写真・ネットより拝借
制作途中・・・このあたりから凝り始めて

完成品は例によってアルバムにアップしてあります。101_320180615_3
よろしかったら、どうぞお立寄り下さい。
http://rusmina-2.cocolog-nifty.com/photos/pcsuisai/101.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

ボランティアって?

世界中が注目した、世界最大の政治ショーは終わりましたね。
このビッグニュースに対し、スモールニュースとでもいうのでしょうか、小さな記事が目に留まりました。

11”東京オリンピックのボランティア、11万人募集開始。交通費支給へ”
日額1000円を上限に、プリペイドカードを支給。
遠距離からの交通費や宿泊費は出ません。

先日の朝日新聞に、あるアンケート結果がありました。
「ボランティアは全て無償でなければならない」
これに対し、ハイは40%、イイエは60%。

19私は先年、あるNPOの依頼で、講演会講師をボランティアで、都内でしたことがあります。
「定年後の趣味」をテーマに、パソコン水彩画のお話をしました。講演時間は45分。
以前から専門分野の講演講師はしていますが、ボランテイアは初めてです。
趣味のお話でしたので、楽しく出来ました。
その後の懇親会は、ご招待でした。

25私はこう思います。
私の持つ知識や技術は、それが社会貢献になるなら、いくらでも無償で提供する。
しかし必要な実費は出して欲しい。
この考えにあわずに、地方のあるボランティア依頼は断ったことがあります。
皆さまは、いかが思われますか。
なお言語の volunteer には、奉仕の意味はありません。

写真は講演で使った、パワーポイント原稿の一部です。
講演のタイトルは「マウスで生まれた魚たち」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

孫と父の日

3_5
この春から中学生になった男の孫は、水泳に熱中していて、もう筋金入りのテッちゃんになった。
ばぁやである女房殿になついて、我が家にもよく来るのだが、お目当ては息子が残したNゲージ。
とにかく電車に乗りたくて、とんでもない大回りをしてくる。

5月27日(日)に、孫と息子夫婦といつもの寿司屋で父の日。
まだ子供のいない息子は、この孫を可愛がっている。
孫はウニやイクラが大好き。ノンベェになるぞー。
息子はすでに、親父以上のノンベェ。
勉強が嫌いでーとばぁやは嘆くが、スポーツに熱中してるのなら、それもいいさ。

女房殿と息子の嫁さんとは仲が良い。
嫁姑のアツレキを見ないで済むのは、息子最大の親孝行だ。
この問題は、世界共通らしい。

Photo_2
写真は;-
孫が頼んだ鯵の活き作り。
息子がくれた酒3本。まだ封を切っていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

日記のやうなもの・・・ドライバー卒業

その1 車を手放す

Photo先日車検を機に車を手放しました。
脚が痛いので、車は必要とも思いましたが、駅に近いのであまり乗りません。
少し寂しいけど、50年続いたオーナードライバーを卒業です。
免許は次回更新時に返納します。女房殿はこの3月に返納しました。
神奈川県の90歳女性の事故は、他人事とは思えません。

その2 大相撲

大関 栃の心 殿
おめでとうございます。まじめな土俵態度に好感が持てます。
昇進後の場所が大事ですよ。

大関 豪栄道 殿
怪我(左の小指でしたっけ?)の具合はいかかがですか。
無理をなさらず、カド番を気にせず、気楽に行きましょう。
どうせクンロクなのですから、ひと場所おきに勝ち越せば、高給は保証されますよ。

その3 ジョーズ

Photo_8
5月28日にNHK-TVで、映画ジョーズがありました。
何度も見ているのですが、それでも面白い。
潮っ気たっぷりなのが嬉しい。やはり名作ですね。

その4 ふすま張り

2階寝室窓の襖外側が、日が当たり過ぎてボロボロ。
通りに面しているので、はなはだみっともない。
昨日(5/31)張り替えました。
襖紙はネットで通販で買え、注文すると翌日届きます。
糊付で楽ですが、易しくはありません。
しわの無いようにやるには、腕も必要です。

写真は;-
納屋とインテグラ・・・女房殿の実家で、何代か前の愛車
映画ジョーズの一場面・・・この映画は1975年製

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

エッセイ「こいのぼりとアジサイ」

昨日(5月26日)の文章教室月例会で発表した作品です。
5月1日の日記「こいのぼり」にヒントを得た作品で、ご婦人方には好評でした。
お題は今月の花アジサイ、これをどう結びつけるかが、難しいところです。
(原文は縦書き2段組み)

  ***** 「こいのぼりとアジサイ」 *****
*

2 大型連休始めのある日、毎朝元気に我が家の前を通る小学生の男の子が、「(今年は)こいのぼり、無いの?」と聞きます。
 えっ?と思いましたが、思い当たりました。
毎年今頃二階のベランダに、小さなこいのぼりを付けていました。
 見ていてくれたんですねー。
 早速付けました。何か心楽しくなりました。
かつて私のヨット・ロスミナ-Ⅱのスターンに、季節になると付けていたものです。

 こいのぼりの思い出をもう一つ。
 現役最後のころ、スポンサーBMWの依頼で、飛行船で特大のこいのぼりを吊り下げ、被災地の子供たちを激励に行きました。
 特注は間に合わず、既製品最大は15mのものです。
目を輝かせて見上げる子供達の姿は、良い思い出になりました。

 キャビン開口部から上げ下ろしをしますが、担当するクルーは大変。
ある程度の錘を付けないと、巧く展開しないから。
 特大のものではありましたが、何せ飛行船は全長75mもあるので―。
 何やらぐじらがイワシを吊り下げているような… 。

2009_0610_8 こいのぼりを仕舞うと、アジサイの季節です。
 我が家には花の咲く木は無いと思っていましたが、裏庭にアジサイがありました。
 生命力の強い木で、ほっておくと大きく茂ってフェンス越しにお隣に越境します。

 満開になると見事で、アジサイには雨が似合います。
ぽってりした花が雨にぬれると、なぜか和装の佳人を連想するのは私だけでしょうか。
 裏庭にあるせいか、控えめで気配りのある感じです。
 お隣さんは粋な人で、越境した満開の花を「私たちも楽しませてもらっているから切らないで」と言います。

 北鎌倉の明月院は鎌倉時代からの古刹ですが、別名をアジサイ寺と言われます。
 昔ある人に誘われて、雨の中を訪れました。
 アジサイは見事でしたが、相合傘に心ときめいたのが思い出されます。
彼女は和装ではありませんでしたが。

 あれから幾星霜、彼女は今マイ・ビッゲスト・ボスとして、我が家に君臨しております。
 我ながら辛抱強いなー、とお互いに言い合いながら。
                                      (了)

 課題‐1 アジサイ(今月の花)920字 2018.05.17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

第100号記念作品・・・ヌードの習作2

100
パソコン水彩画第100作を記念して、人物画に挑戦の2回目です。
初回は第50作で描きました。
いつもより3倍の時間と労力をかけた力作ですが、どうも冴えません。
もう少し愛嬌のある顔にしたくて、何度もやり直しました。
やはりここらあたりが、自分の画才の限界でしょうか。
人物画は本当に難しい。

写真は;-

彩色ステップ-1
:ここいら辺りでは、大傑作?の予感があったのですが。


                                    Photo
100_1
完成品背景なし
:無背景もまた良いものです。右側から光があたる構図。

第50作・ヌードの習作
:我ながら進歩が無いなぁ。



背景付の完成品は、例によってアルバムにアップしてあります。
よろしかったら、どうぞお立寄り下さい。

http://rusmina-2.cocolog-nifty.com/photos/pcsuisai/100.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«オスプレイに弟が誕生